グランピングを魅力的にする、ハンモックの楽しみ方。


意外と知られてない? ハンモックは斜めに寝る。 たいていの人が知らないと思うのだが、こちらのようなブラジリアンハンモックは、真横に寝るのではなく少し斜めに寝るのが本場ブラジル流。

実際に寝てみるとわかるのだが、真横に寝ると腰のあたりがとても沈み、カーブがキツくなる。その状態で長時間いると、起き上がった時に腰が痛くなることも。布地がしっかりしていて幅が広めのハンモックがおすすめな理由は、斜めにゆったりと寝られるから。また、ブランコのようにハンモックに座るのも楽しみ方のひとつ。

キャンプサイト内でチェア代わりに使うこともできる。そして、ハンモックから空を見上げてみてほしい。木漏れ日と風で揺れる木々が、なんともいえない穏やかな気持ちにさせてくれる。ハンモックに包まれて視界が狭くなると、代わりに聴覚や嗅覚が鋭くなるのだろう。遠くの鳥の鳴き声や近くで作られている料理の香りに身体が敏感に反応する。

枕やクッションを持ち込んで昼寝をしたり、本を読んだり、あるいは何をするでもなくゆらゆらとただ揺れていたり。それだけでも気持ちいいのがハンモックの魅力。 

ハンモックはいつものキャンプサイトにひと味加える、スパイスのような存在だ。ぜひ、この機会に自分好みのハンモックを見つけて欲しい。 


特集記事
最新記事