いやなことを言う人は相手にしない


「うまくいく考えた」 その4 相手を気分良くさせるために、自分が不愉快な思いをする必要はない。

難しいことだと自分は考えます。いやなことを言う人、という言葉自体が難しいからです。受け取りかたによっては自分に利益を与えてくれるかもしれないし、自分のためにいやなことを言ってくれてるかもしれないと受け取ると、相手にしない訳にはいかない。もちろん、頭ごなしにいやなことを言う人は相手にしない方が賢明なのですが・・・。いやなことを言う人がどんな人かにもよりますが、自分自身を客観的にみて、シチュエーション的にこの人は自分に不利益を与える人だと見れば相手にしない方が良いと思う。とにかく、直感で考えるならば、いやなことを言う人は相手にしない方がいやな気分にならないので相手にしない方が良いですよね。いやなことを言う人も、言ってる自分自身のことを客観的に見れば気分は悪いはずですから。相手を気分良くするために、いやなことを聞くのは、気分的に嫌ですからね。と言うことで、基本的に嫌なことを言う人はスルーした方が賢明なのだと考えます。

#コーチング #コンサルティング

特集記事
最新記事