たくさん失敗して、たくさん学ぶ


うまくいく考え方 その6 全ての失敗は、学ぶための絶好の機会である。そう考える事が賢明な態度だ。

一生勉強、一生青春という言葉にのめり込んだ時がある。20年前くらいだと記憶している。いつの時代も自身が元気であれば、これも当然の事でしょうが、今の時代、高齢化社会が進む中で自身も50を目前に控えて、一生青春とは言えないかなとも考えさせられる。それはさて置き、たくさん失敗して、たくさん学ぶ、本当にその通りだと感じます。他人からは「波乱万丈の人生ね」って言われることもしばしばあるくらいにたくさんの失敗をしてきた。でも、自分自身が失敗と思わなければ失敗ではない訳で。自分自身の中には、失敗という言葉はなくて、経験と思うようにしている。その事で失敗とは無縁だと思うようにしている。でも、逆に言えば、他人から見れば失敗をしているように見えているのに、自分自身が失敗と感じていないので懲りない人だねって言われたりもする。でも、失敗と思ってしまえば失敗だし、経験と思えば経験なのだし、誰にも決める事ができない失敗という現実が存在するのだと考えます。

自身は失敗を経験に置き換えるようにしているので、経験(失敗)から学ぶという事が出来ない自分もいるんです(笑)。何度も同じ経験をしているのに学びが足りないから同じ経験(失敗)を繰り返す。早く、そのスパイラルから脱する事ができるように学びのサイクルをスピードアップしていかないと同じ経験を繰り返す人生で終わってしまうような危機感があります。今取り組んでいる事業も経験力、現場力、全てをもう一つランクアップしてスピードを上げて取り組むことにより成功が見えてくると確信している! とにかく動く!

#コーチング #コンサルティング

特集記事
最新記事
過去アーカイブ
タグから検索